取材予定バナー
パチンコ店一覧 お問い合わせバナー
プロフィール

管理人:マッキー

管理人:マッキー

訪問ありがとうございます!
新台の試打感想や機種の紹介。
全国のパチンコ店取材記事などを毎日更新中!


月別・タグ別アーカイブ
最近のコメント
繁華街
2016年03月31日(木)設定狙い4
繁華街に垣間見たリーマンとパチプロのコントラスト【6日間ガチバトル 第8話】

スロット設定狙い予定スケジュール

6日間ガチバトル 途中経過

日程 投資 回収 結果
3月3日 ¥5,000 ¥13,000 ¥8,000
3月4日 ¥50,000 ¥67,500 ¥17,500
3月5日 ¥37,500 ¥105,750 ¥68,250
3月7日 ??? ??? ???
3月8日 ??? ??? ???
3月9日 ??? ??? ???
合計 ¥92,500 ¥186,250 ¥93,750

設定狙い6日間ガチバトル 第8話をお届け致します。

3/3、3/4、3/5と3連勝し3/6の朝を迎えてからの話です。

▼6日間ガチバトル 過去記事はこちら▼
第1話 ビックマーチつくば本店
第2話 だてめがねさんのマンションで作戦会議
第3話 開店1分でエウレカ2の6ゲット!
第4話 設定狙いの下見とデータ取り
第5話 設定狙いの情報戦と店舗選び
第6話 バジリスクの④⑤⑥台のありかは?
第7話 北斗強敵の6を午後過ぎから後ツモ!

---Sponsored Link---

今日は3月6日。

6日間ガチバトルということで3月3日に旅打ちに出発してから4日目となり、ちょうど折り返し地点。
明日の3月7日と8日は東京都町田市に舞台を移して設定狙いとなり、3月9日の最終日は茨城県水戸市で締めくくる。

その為、本日3月6日は休日に当てていたので起きたのは午前11時だった。
だてめがねさん(すろぱちくえすとの管理人)からの情報によると、その日は郊外でバジリスク全6のイベントを開催しているホールがあるらしく町田に向かう途中に寄るのも悪くないと思った。

整理券には200人くらい並ぶことが予想されるが、バジリスクの台数は15台ということで約7%で打てることになる。
もしハズレたら帰ればいいだけの話しだ。

しかし、3日~5日まで終日ぶん回した際の体への負担は大きく、6日に朝一から並ぶほどの気力は残っていなかった。
その為、予定通り6日は休日とした。

11時に起床すると、だてさんにお礼を告げてマンションをあとにした。

マッキー

「この2日間はどうもありがとうございました。ご一緒に行動できたことは自分にとって大きな財産になりました」

だてめがね

「それは良かったです。私も楽しかったですし、また後で泊まりに来てくださいね」

私は、コンサル料を払いますということで冗談半分で2万円をだてさんに差し出すと「いいですよ(苦笑)」と拒否しながらも「それじゃあ、ありがたくいただきます」と冗談混じりに話した。

最近、プロと直接会って立ち回りを教えてもらうというコンサルが多く聞かれるようになったが、今回の私も例外ではなく泊まり込みでだてさんと行動を共にすることによって設定狙いを勉強することができた。

繰り返しになるがこれはなんてラッキーなことなんだろうと思う。
(しかも2日間で85750円も勝ってるし)

今回の立ち回りを地元ホールで是非とも活かしたいと思っているし、活かせるイメージしかわかない。
かくして、感謝の2日間が終わり東京都町田市に向かった。

忘れられない光景

だてさんとの設定狙いにおいては2日間連続で勝利し、2日間とも飲みにいったのだがその時の繁華街で見た光景で忘れられないものがある。

繁華街
いや、忘れられない光景とは言っても、普通に20代の社会人がスーツ姿で会社仲間と和気あいあいとしながら複数人で歩いている光景を見ただけである。
ほどよく酔っていて楽しそうだった。普段の会社勤めのストレスの発散になっているのだろうか。

おそらく普通にその光景だけ見ても何も感じなかったと思うが、2日連続で朝から晩まで設定狙いや下見で多くの専業の若者を目の当たりにしたあとに、見たその光景だけに何かを感じずにはいられなかった。

同じ20代の
サラリーマンとスロット専業

専業は、人間関係に縛られることなく自分の好きなことだけで生きているが、人間社会から隔離されているその環境で生きることは相当なプレシャーというか、通常の神経ではちょっとできない。

その為、最近ではパチプロもスロプロもブログを並行して行っているケースが多く、例え少量でもブログの収益が存在すれば一応パチプロではなくブロガーという肩書ができる。
パチプロと蔑まれることに抵抗があるのであれば、ブログを書いてブロガーになるのもありだし、そのブログがヒットすれば広告収入だけで月に十数万稼ぐことも可能となってくる。

一方の、繁華街で見掛けたスーツ姿の若者たちは会社の同僚の仲間達と和気あいあいと歩いていて楽しそうだったのだが、何だか儚くも感じた。
社内における人間関係のストレスや時間的な拘束など、そういった物に縛られている状況を想像してしまって、どうしても儚く感じずにはいられなかった。

しかし、彼らは清潔感のあるスーツ姿で髪型も整え、明らかにそれまでに目の当たりにしていた専業たちよりも立派な社会人として映った。

それまでに目の当たりにしていた専業たちとのギャップが物凄くて、そういう意味でも繁華街で見掛けたサラリーマンには感慨深いものがあった。

サラリーマンと専業どっちがいい?

どっちがいい?
うーーーーん。
これに関しては、サラリーマンの方がいいと思います

自分自身、今はスロットやブログで暮らしていて、以前はサラリーマンもだいぶ長くやっていたのでわかるけど、やはり組織に属さないで自分一人の力で稼ぐというのは、相当辛い。

これはもう「自由」と「安定」のどちらを取るかって話ですけどね。

もちろん、サラリーマンをやっていても「安定」は保障されているわけではないし、専業をやっていてもけっして「自由」というわけではないと思いますけどね。

このテーマについては
スロット専業歴 10年
サラリーマン歴 7年
スロッターいための不労所得生活を運営するいためさんと対談しました。


32分のところでサラリーマンとスロット専業に関する話をしているので興味のある方はぜひご覧ください。

東京都町田市に到着

そんなことを妄想しながら車を走らせていると、午後に東京都町田市に到着。
駅から若干遠くなるが1日最大700円という安めの駐車場に車を止めて、町田駅に向かった。

町田駅
町田駅の北口。
1本の通り沿いにPIA町田店、マルハン町田店、TOMOE町田店、ゴードン町田店といった有名チェーンが並ぶ激戦区だ。

私は4店舗を軽く下見したあとに、夕食を食べてネットカフェに入った。
外は春の到来を告げるような温かい気温で、約半日歩いていたこともあり全身汗だくでクタクタだった。

夕方にネカフェに到着すると、すぐに約3時間爆睡。
その後、シャワーを浴びて深夜までマンガを呼んだ後に再び睡眠に入った。

▽通り沿いでの路上パフォーマンス。風邪が強くてパフォーマンスも失敗の連続だったのだが、そのグダグダ感が良かった
路上パフォーマンス

▽ネカフェの近くにあった二郎系のラーメン屋。ライスがおかわりも含めて無料なのだが、このラーメン一杯すら食べるのは無理なのでライスなんてありえない
二郎系ラーメン

▽ネカフェでは北斗の拳の修羅の国編を読んだ。今度タイヨーエレックから新台が出るわけだし予習しておかないと
ネットカフェ

━━━━━━━━━━━

次回は6日間ガチバトルの5日目に突入!

町田エリアで設定狙いを繰り広げる第9話をお楽しみに♪

記事の続きはコチラをクリック

▼業界情報記事の集まりです▼
slotnippo_TK_bana

いつもご愛読ありがとうございます!
1日1クリック応援お願いします(‘∀`)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
応援クリック

タグ: ,

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  
  
      
  1. あいうえお より:

    時々拝見しています。
    なんとも不思議な気持ちになる内容だったので、感想を書かせていただきます。

    間違っているようでしたら、申し訳ないのですが、管理人さんを含め、このジャンルで専業、ブログなどで生活をしている方々の世間とのずれは、相当なものだと思います。

    今回の記事でも記載されているサラリーマンと専業って?ですが、比較する対象じゃないと思います。

    人間として生まれて生きていくというなかで、社会人としての責任や自分の持つ使命というものが存在すると思っています。そのバランスが極端に異なるジャンルを比較すること自体に、違和感を感じます。例えば、雇用される側と雇用側としてのどちらが良いかなどは、比較する意味が出てくるように思います。

    どんなことも偉そうに意見を書くなという意味ではないのですが、分不相応な立場の人間が考えを述べるということに、嫌悪感にも近いものを感じたというのが、正直な感想です。

    • 管理人:マッキー 管理人:マッキー より:

      はじめまして。
      時々ご拝見いただいているようで、どうもありがとうございます^^

      あいうえおさんの仰るように、自分自身も記事を書いていて「なんとも不思議な気持ち」になりましたね。

      比較する対象か否か?という件ですが
      これは考え方によると思いますよ。

      といいますのも、実際に会社勤めからブログやスロットで自由になろと模索している方も非常に多いわけで、そういった方にとっては余興になる記事の可能性はありますよね。
      つまり、そこのニーズがある時点で比較する価値はあるということです。

      もちろん、比較するには最低限、サラリーマンと専業両方を経験する必要があります。
      どちらかしか経験してない人が「サラリーマンはダメ」とか「専業はダメ」だとか言うのはナンセンスですけど、私はサラリーマンも10年以上経験してます。

  2. アマガミバースト より:

    初コメ失礼します。
    すろぱちさんから飛んできました。

    今回の記事でのサラリーマンとスロプロですが、サラリーマンのストレス発散はストレスがあるからその発散が気持ちいいんですよね。
    それに自分では充実感を持っているのでそこまで儚いとは思っていないと思います。
    儚いなぁと思っているような目線は案外部外からの目線であることが多いですよね。
    逆にスロプロの方は自由だな〜と思う反面早朝から並びの不安から始まって夜遅くの宵越しチェックに回って帰って寝てすぐ並び……
    楽しいのかな?って思ってしまいます。

    個人の意見ですけどね?
    失礼しました。

    • 管理人:マッキー 管理人:マッキー より:

      初めまして。
      コメントありがとうございます^^

      充実感を持って仕事できれば最高ですよね~。
      そういう人ってどのくらいいるのかは分かりませんが、とても幸せなことだと思います。

      私の場合は、元々仕事嫌いな人間だったので、働いている人の9割は嫌々働いていると思ってしまうんですよね‥^^;

  3.   
  
リールガックンバナー
逆アクセスランキング
無料レンタル
パチスロ4コマまんが 夢の中 スロット首脳会談 ラスベガス旅行 だてめがねさんとのノリ打ち 6日間ガチバトル