2015年09月20日(日)機種解析

ハナハナホウオウ‐30 設定判別・高設定示唆まとめ

N7DSvrEEKJOnTSi1438683806_1438683837

ハナハナホウオウ‐30

ハナハナホウオウの設定判別記事です。
主な判別要素は以下の通り。

▼設定判別要素▼
①BIG中のスイカ確率
②REG中のサイドランプ
③BIG・REG後のパネルフラッシュ
④ボーナス出現率

 

BIG中のスイカ確率

設定 確率 ※実践値
2 1/64
3 1/43
4 1/36
5 1/34
6 1/30

高設定ほどスイカの出現率がアップします。
 

REG中のサイドランプ

設定
1 60.0% 40.0%
2 40.0% 60.0%
3 60.0% 40.0%
4 40.0% 60.0%
5 60.0% 40.0%
6 50.0% 50.0%

REG中は左リール中段に白7をビタ押ししてスイカを揃えるとフラッシュが発生します。
フラッシュが発生するのは1回のREGで1度きりとなっており、フラッシュが左右どちらで発生したのかによって設定推測が可能です。

また、フラッシュは黄・緑・赤の3種類が存在。
通常の黄色ではなく緑のフラッシュが発生すると奇数偶数の信頼度がよりアップ。
赤フラッシュにおいては出現度は激低だが発生した時点で左右問わず設定6濃厚になるとのこと。

▼REG中の白7ビタ押し手順▼
ハナハナホウオウリール

▼サイドランプの光る場所▼
ハナハナホウオウ筐体
水色の場所がサイドランプ。

▼サイドランプの色▼
7J2jilBl2f8HayG1442671061_1442671083
 

BIG・REG後のパネルフラッシュ

設定 発生率 ※実践値
6 7.8%

BIG後のパネルフラッシュは高設定ほど出現しやすい。
さらに、上下のパネルフラッシュが発生すると高設定期待度が大幅アップ

上下のパネルフラッシュに関しては低設定においても確認しておりますので、過信は禁物。
通常フラッシュと同じ程度の信頼度で考えておいたほうが良いと思います。

また、REG後のパネルフラッシュは発生時点で設定3以上確定。
BIG同様に上下のパネルフラッシュが発生すると高設定期待度が大幅アップ。

▼パネルフラッシュの場所▼
ハナハナホウオウ筐体
紫が上部パネルの場所。
緑が下部パネルの場所。
 

ボーナス出現率

設定 BB RB 合成 機械割
1 1/299 1/469 1/186 96%
2 1/290 1/468 1/179 98%
3 1/277 1/434 1/169 101%
4 1/264 1/399 1/159 104%
5 1/250 1/368 1/148 107%
6 1/233 1/332 1/137 112%

ボーナス確率においても大きな設定判別要素となります。
また、高設定になるほどREGの比率がアップしていきます。

設定 BB:RB比率
1 61:39
2 62:38
3 61:38
4 60:40
5 60:40
6 59:41

BBとRBの比率を算出してみました。
ボーナスを100回引いた時の振り分けとなります。

結論としては設定1と6でもREG回数の差が2回しかありません
よって、REG比率は参考程度にとどめておいた方が良いでしょう。
REG回数がBIG回数を大きく上回っているからというだけで打つ理由はまったくありません。

今回の記事は以上です。
今後の解析で詳細が判明しましたら随時更新していきます(^^)

ハナハナホウオウ 記事一覧はこちら

 
いつもご愛読ありがとうございます!
1日1クリック応援お願いします(‘∀`)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
8LwhtgoUPGCMzdf1436571260_1436571312

記事の感想、質問はこちらから受け付けております。 お問い合わせ

タグ:

プロフィール

管理人:マッキー

管理人:マッキー

訪問ありがとうございます!
新台の試打感想や機種の紹介。
全国のパチンコ店取材記事などを毎日更新中!


詳しく見る